ブログパーツ アクセスランキング

めのねん!【麺・音・煙】~MenOnEn~

「明日死ぬならこの一杯!」を探す為にラーメン屋巡りしてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ラーメン】天下一品 西長堀店

ラーメン


花金…

夜遊びの相場は決まって金曜の夜。

今の若い世代には信じられない話かもしれないが
昔はまだ週休二日の制度が成り立ってなかったもので
土曜の晩から朝にかけての夜遊びというのが基本だった訳だ。

それがいつの間にか世間一般では
土日休みが当たり前のような顔して歩いてる訳で
平日1日のみ休みという俺にとっては羨ましい限りである。


そしてそんな中…
金曜の夜の楽しみな時間の1つ。

天一」へ行ける唯一の日なのだ。

週に3~4回ラーメンを食す内の1回がほぼ天一。
週1で天一ともなるとけっこうヘビーユーザーだ。


さてさて

本日のメニューは…


1416591063910.jpg

そう

ラーメンにチャーハン、そして餃子。


もちろん
「いつもと同じやん」とツッコまれるのは覚悟の上だ。

ただの「いつもと同じ」ではなく
1周回った上でこの3点セットへ行き着いたものだと思って欲しい。

そして
いつもと同じ…だがその「いつもと同じ」メニューの中で
生じる「ブレ」というものを感じるのがプロの楽しみの1つだ。



例えばこのスープだ。
天一といえば濃厚なポタージュ状のコッテリ感がウリな訳だが…

本日はいつになくシャバシャバとしていた。

「こってり」を頼んだにも関わらず、今日は一段とサラっとしてる。

だが、そんなサラっとした時もあれば
粘度が堅く、ドロドロの白濁スープを堪能出来る日もある。
割り箸が立つんじゃないだろうかと思うほどのドロドロな粘度の時なんかは感動さえも覚える訳だ。

そういった「差」があるからこそ引き立つものだと考えてみるとまた見方が変わってくる。

今日はアタリ、今日はハズレ、と。


足し算で物事を考えるタイプか
引き算でしか物事を見れないタイプかで人間の器は大きく変わりゆくものだ。

そういった前向きな気持ちと、後ろを振り返る事の重要さも兼ね揃えて生きて行ける事は素晴らしい。
そんな大人でありたい、ずっとそう願っていた。


そんなアタリハズレを楽しめる人間でありたいものだ。

人間、ネガティブな言葉を吐けば吐くほど、つまらない人生へと流れてく。
逆転の発想というものを常に持ち合わせている人こそ逆境に強い人間だ。


「何だよ、巨乳って言ったのにただのデブじゃん…」

そんな元も子もないような事を言わずに30分をしっかり堪能出来るかどうか、そこがプロ。

「チェンジチェンジ!え?ダメなの?マジで?はぁ…」

そんな野暮な事をすぐに口にしては行けない訳だ。

据え膳食わぬは男の恥。

「今日は~たっぷりぃ~サービスしちゃおっかなぁ♪」

そっと見て見ぬフリをしてあげた方がお互いに傷つかずに済む時だってある。
それが本当の優しさってやつだ。


いくら麺がダマになっていたとしても、そこは男の優しさでほぐしてあげるのみ。

優しく髪を梳かすかのように撫でてあげるその気持ちが大切なのだ。

そう、優しく撫でて撫でて…

「あれ?キミなんか…写真と違うねw」

顔で笑って、心で泣いて。
客というものは決して相手を否定してはならない。

「そ、そんな事ないですよ~www」

しかし相手もプロである。
それくらいの事ではへこたれるはずもなく
強引に与えられた使命を淡々と果たすのみだ。

そう
店側もプロなら客もプロ。

そのプロ同士の暗黙のルールの下で、限られた時間をどれだけうまく楽しみながら共有出来るのか。
そこが一番の勝負な訳だ。


いや、その場合は「相手は共感してるフリ」をしてるだけなのかもしれない。
おっと、またそんな風情のないモノの言い方をしてしまった。

出された料理はありがたく受け入れる、それが男の優しさであり、美学なのかもしれない。



そしてこの餃子である。
何の変哲もないこのこじんまりとした餃子こそが至高。

1416591280351.jpg

結局はシンプルイズベストという方程式の下
計算し尽くされた上でのこの形なのである。

ジャンボ餃子?
エビ入り餃子?
梅しそ餃子?
もちろんそういうオプション的な餃子も大好物だ。

しかしやっぱり行き着くとこ…
もとい、辿り着く場所というものはこのシンプルな餃子なのである。

醤油とお酢を1:1の割合に調合し
そこへ最後にラー油を1滴。
それだけで充分おいしいものである。

むしろ餃子本来の素材の味が活きているなら
更にシンプルに塩だけでも充分なのだ。


だが人間というものは本当に残念な生き物だ。

「飽き」が来てしまう生き物であるがゆえ
いろんなものを求めてしまう訳だ。


「お願い!ニーハイ履いて!」「制服着て!」

そんなオプションへのこだわりというものも個人の楽しみのひとつであろうが決して無理強いしてはいけない。

素材そのものの味を堪能出来てこその
次へのステップなのだから。


まずは例え自分好みの味でなかったとしても

「いただきます」「ごちそうさまでした」という
感謝の気持ちは忘れてはならない。
金を払っているとはいえ、相手を労う思いやりあっての商売、需要と供給の成り立ち。
それが人情ってやつだ。

少なくともあのドキドキ感や緊張感、そして達成感を感じるまでのその過程を共に過ごしたのだから。


いくら営業スマイルで作業的に相手されたとしても
そこは大人げない事を考えずにしっかりと真摯に受け止め
受け入れて行く事こそが同じ時間を共有する上で大事な事なのだ。

最後に「また来るよ」と言い残すことも重要だ。
相手だってプロ、そこはちゃんと社交辞令だという事だって全てお見通し。
しかしそんな野暮な事は言っては来ない。
プロだからね。

例えプレイ内容がイマイチであったとしても
それは決して手を抜いた訳ではない。
その時の体調と、タイミングと、雰囲気と、気持ちの中で生じた「ブレ」なのである。

つまり「ブレ」イコール「次へのワンステップ」に繋がる。

満足してしまえば人間の向上心なんてそこで終わり。
ブレを楽しめてこそ本当のプロなのである。

だからこその一期一会…
その瞬間瞬間を生き、楽しむ事が大事なのだ。


1年365日、同じ1日などありはしない。

毎日が冒険であり、新しい発見の繰り返しなのだ。

明けない夜はない。
しかし朝が来るとは限らない。
そんな毎日を感じている時こそが一番楽しいのかもしれない。

「いつか最高の時間に巡り会える」

と、そう信じて。


その日々感じる変化というものをしっかりと自分の中で吸収し、消化し、明日へ活かす。

それこそが人間の生きる道なのだ。
敷かれたレールから一歩足を退き、自分の新しい道を信じて突き進むのみ。

いつか出会えるであろう運命の1杯の為
山あり谷あり、険しい道を繰り返し歩んで行くのみ。


次こそは指名通りの自分好みの嬢に出会える事を夢見て。


そしてさらなる…


あれ?
何の話だっけ…

俺、何しに来たんだっけ?


あ、そうそう

1416591777048.jpg

こ れ を 見 に 来 た


いや~今回も天一うまかった( ^ω^)

ごちそうさまでした!




ではまた近いうち!

アディオス!



以下、店舗情報


関連ランキング:ラーメン | 西長堀駅西大橋駅阿波座駅





天一の丼を自宅でwww

- 4 Comments

JoJo  

スペクタクルっ!(笑)


も〜なんか、スペクタクルっ!

分かる気もしますが、メンドくさっ!(笑)

ま〜ボチボチと行きましょ!(≧∀≦)ノ

2014/11/23 (Sun) 01:42 | EDIT | REPLY |   

tossy696  

JoJoさん>
う~ん、何かこういつもと違った趣向で行こうといろいろ考えたんですが、どうもイマイチでしたw
先生の次回作にご期待下さい!www

2014/11/23 (Sun) 04:11 | EDIT | REPLY |   

みき  

必死に話を広げた、情熱的かつ無理矢理感満載 のtossyさんの文章にウケた後

Jojoさんの あっさり めんどくさ!の一言。。に
二度ウケw

いつもの行きつけの店の、たまにアレ?な微妙な日まで
強引な前向きさで楽しむ ラーメンユーザーtossy氏

ちょっとやそっとでご機嫌を損ねない
ラーメン男の器の大きさを感じられる一記事でございました。。


2014/11/29 (Sat) 08:53 | EDIT | REPLY |   

tossy696  

みきさん>
そこまで理解してもらえてよかったw
あまりにも反響がないので、みんなこの記事俺がマジメに書いてるんじゃないかとか思ってたらどうしようかと思ってしまったw

2014/11/29 (Sat) 18:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。