ブログパーツ アクセスランキング

めのねん!【麺・音・煙】~MenOnEn~

「明日死ぬならこの一杯!」を探す為にラーメン屋巡りしてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ラーメン侍

Ramen_Samurai.jpg

こないだ「タンポポ」観てた時に
そういやこの「ラーメン侍」っていう映画、まだ観てなかったなぁと思って。

んで、探してみたら発見したので早速観てみました。

いや~…
なかなかいいですよ。
暖かい気持ちになれます。
最高のラーメン屋を目指す物語。
けっこう感動モノです。



【映画】ラーメン侍




【あらすじ】~引用~
突然の訃報を受け、父のラーメン屋を継ぐ決心をした光(渡辺大)は、東京のデザイン会社をやめ、故郷の福岡・久留米に戻ってくる。店は相変わらず繁盛していたが、光は自分が選んだ道に自信がもてずにいた。そんなある日、母・嘉子(山口紗弥加)とかつての活気をすっかり失った屋台街を訪れる。 嘉子が光に語ったのは、無鉄砲な昇に振り回され、貧乏のどん底だったが面白おかしく生きていたあの頃の思い出。父はどうしてラーメン屋を始めたのか、そのラーメンにはどんな思いが詰まっていたのか?幼い頃は想像もしなかった父の想いに気づいた光は、やがて記憶を頼りに父親の味を再現しようと試行錯誤を始める。それは光にとって、自分にとっての「ラーメン」、そして自分自身の「夢」に向き合うことでもあった。




【キャスト】
神代光/昇(2役) - 渡辺大
神代嘉子 - 山口紗弥加
きな子 - 高木古都

監督:瀬木直貴


ずっと、映画見ながら「似てるなぁ…」と思ってたんですが、やっぱり渡辺謙の息子だったのですねw
タンポポのガン役が渡辺謙でしたからね、何か運命的なもんを感じましたw


その他、意外なキャストが出てます。
福岡出身っていう繋がりなのかな?元チェッカーズの高杢とか、シナロケの鮎川誠とか。

あと、いろんな有名店のラーメン屋の店主がけっこう出てたようですね。

一番ビビったのは佐野さんが出てたw
しかも一言怒鳴るだけの一瞬だけw


【感想】~ネタバレナシ~

九州育ちの俺的に、方言がすごくナチュラルだなって思った。
ほら、けっこうドラマとか映画とかって方言がすごく“わざとらしく”聞こえるのが多いんだけど、すごくネイティブ()な感じの九州弁でしたね。
特に字幕とかもないみたいだけど、これ本州とかの人は普通に方言聞いて意味分かるもんなのかなw


ラーメン好きならけっこう楽しめる映画だと思います。

でもね、ラーメンうんぬんは置いといて、普通にハートフルなヒューマンドラマだと思います。

親子の絆とか、夢とか、何かそういったものを考えさせられるいい物語だなって思った。

いい映画でした!




[DVD] ラーメン侍

[DVD] ラーメン侍
価格:3,099円(税込、送料別)

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。