ブログパーツ アクセスランキング

めのねん!【麺・音・煙】~MenOnEn~

「明日死ぬならこの一杯!」を探す為にラーメン屋巡りしてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【名言】俺の細胞を作った偉人達の言葉 vol.10

めのねん

久々の名言シリーズ。

やっとこさ第10弾。
てかこのシリーズおもろいのかな?
反響ないけど拍手押されてるので続けます!


今回は昔働いてた職場の先輩に聞いた、失恋に関する名言です。

↓↓↓ よくその先輩は「うちの嫁が~」みたいな言い方をするので、普通に結婚してる人だと思ってました。

ちなみに子供はまだいないとの事でした。


ある日、その先輩の奥さんとの馴れ初めというか、お相手の両親へ挨拶に行く日の事とか、一緒に住むようになった時の話とかを聞いたりして、「結婚かぁ~いいなぁ」みたいな感じで思ったりもしました。


それからしばらくして、そんな話もすっかり忘れてたんですが、何か先輩が暗いなぁと思ってて。

久々にその先輩と話をした時に、「最近元気ないですね~」って何気なく言ってみたら

「うん、実は先月嫁が出て行ってもうたんやぁ…」との事でした。

「え?マジですか!」と俺は驚いたんだけど…

何があったのかは聞けなかった。
そういう事情とかは聞いてはいけない気がした。

で、何となく話を広げつつちょっと気持ちを和らげる事が出来ないかと思って

「結婚生活はどれくらいだったのですか?」と聞いてみた。

すると…

「2~3年やけど…いや、実は籍は入れてなかったんやわ」と言われたのです。

実質、入籍はせずに同棲してた形だったようです。

「あ、そうだったのですね、じゃあ離婚っていう訳じゃなくて同棲解消っていう形なのかぁ…」と俺が言ったのです。
けっこう「な~んだ」みたいな軽~いノリというか気持ちで。



その時に言われた名言がコチラ


「確かに籍は入れてなかったけど

 今こうして別れて、離れてみて

 気持ちはバツイチやわ…」



これはお相手への気持ちがどれだけ本気だったのかっていうのがすごく伝わりました。
自分の胸の中に深く刻み込んでるっていう感じがすごく出てました。

しっかりと一生寄り添う気持ちでそばにいようとしてたんだろうなっていう気持ちがすごく分かったというか…


気持ちだけはバツイチという傷を背負おうと決意したからこその言葉だったんだろうなと思うとすごく切なかったです。

そこまで相手の事を思ってたのであれば他に何かやりようがなかったのだろうかとも思ったけど、人には事情がありますからね。


男と女って、恋人としての付き合いを繰り返して、いろんな恋愛を経験して生きてくものだとは思うのですが

基本的にただの恋人っていう関係であれば別れたら別れたで数ヶ月も経てば「ハイ次!」っていう生き物ですよね。

紙切れ1枚で左右されるようなものかと思ってはいたけど、実際にこういう気持ちになって考えたりする人もいるもんなんだなって思いました。


そうなんですよね、本来ならみんなそれくらいの覚悟を持って愛するべきなんでしょうね。
実際は重いのかもだけどw

それくらいに自分の人生に大ダメージ受けるくらいの恋愛っていうものが出来れば結果はどうであれ幸せだと思う。

少なくとも「ハイ次!」っていうしょうもない恋愛を何回もしてるよりは。



愛の深さというもの考えさせてくれた偉人たちに感謝します。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。