ブログパーツ アクセスランキング

めのねん!【麺・音・煙】~MenOnEn~

「明日死ぬならこの一杯!」を探す為にラーメン屋巡りしてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ベストキッド【ミヤギさんの名言】

子供の頃に観て好きになった映画「ベストキッド」
大人になった今観るとどうだろう?と思い
①から続けて一気に観てみました
あ、ちなみにジャッキー版のリメイクのやつももちろん観ましたよ。


1984年、アメリカ映画
キャスト:ラルフ・マッチオ、ノリユキ・パット・モリタ

あらすじ的には「いたいけな少年が、日本人から教えてもらったカラテを通して成長していく姿を描いた青春映画」と書かれてました

主人公ダニエルさんと師匠ミヤギさんの空手を通じてのストーリーって感じなんですが
これがまたミヤギ師匠の名言が多くて深い…
何かとても考えさせられたり、励まされる気になる映画です

その中でも気になった名言をここに残しておこうと思います




ベストキッド①

ミヤギさんはいきなりダニエルさんに「この盆栽を作ってみなさい」と盆栽の木を渡す
初めての盆栽に戸惑うダニエルさんに「目を閉じてイメージして、それから思うままにやってみなさい」と言う
それでも自信なさげなダニエルさんに対し
「自分を信じろ、心から表れたものは常に正しい」とミヤギさんは言う
もうこの時点でミヤギ流の稽古が始まっているのかもですね

ミヤギさんの空手の強さを目の当たりにしたダニエルさんは
ミヤギさんに「すごいなぁ、ところで帯の色は?」と聞いた
最初ミヤギさんは「ベルトは皮製だ、3ドル98セントだハハハ」と冗談を言うが
急に真面目な顔をして
「ダニエルさん、空手はココ」と言い、自分の頭と胸を指す
「空手は決して帯の色ではなく頭と心なんだ」という事を教えた

いよいよ稽古をつけてもらう事になったダニエルさんに
最初にミヤギさんが話しておきたい事
「道を歩く時、右側を歩いても左側を歩いてもOK、しかし真ん中を歩けば車に轢かれてしまう」
「空手をやるも良し、やらないも良し、中途半端にやるのが一番ダメだ」と念を押した

免許を取ったダニエルさんの誕生日にミヤギさんは車をプレゼントして
「免許があっても目・耳・頭の代わりにはならん」
更に試合に不安がるダニエルさんに
「バランスの稽古を覚えてるか、バランスは空手だけじゃない
人生すべてだ、全てがよくなる」


ベストキッド②

そして試合に勝ったダニエルさん
コブラ会の先生が逆切れしコブラ会の生徒に八つ当たり
そこへミヤギさんが助けに行く
コブラ会の先生との闘いでトドメをささなかったミヤギさんに
ダニエルさんは「殺せたのになぜ?」と問いかける
そこでミヤギさんは
「人を許す心を持たぬ者は、死ぬよりつらい日々を生きねばならぬ」と教えた
エンディングでダニエルさんも対戦相手にトドメをささずに勝った

ベストキッド③

盆栽ストアを夢見るミヤギさんだが、それに向けて特に動こうとしない
店を出すタイミングについてダニエルさんが
「今汽車に乗りそこねたら次のチャンスはない」と言ったのに対し
「ならバスに乗る」と笑って返した

盆栽ストア開店に向けての仕事中、盆栽の木を見て
「この木は心がいい、いい盆栽になる
盆栽は木の心、空手は君の心だ
わしは根っ子を教えるだけだ
盆栽は自分の力で育っていく、根が強ければな
君も自分の空手を育てて行く、いつか自分の道を行く」
とダニエルに教えた

しかしそんな教えも聞かず情緒不安定になり
ヤケになっていたダニエルさんにミヤギさんは一切怒る事なく
「どんな傷でも癒えるものだ、耐えるのだ
旅は行き先を知って行くものだ、知らぬ時は家にいろ」とだけ言う

ダニエルさんのせいで木が折れた盆栽が
ミヤギさんの手によって修復され、新しい芽を出した時
「根っ子が強かったのだ、君と同じだよ、君も強い根を持っている
心がしっかりしてれば何も心配はない」とダニエルを励ました




この映画は試合はオマケのようなもので
実際はダニエルさんとミヤギさんの師弟のような親子のような
堅い友情を感動的に描いた作品ですね

大人になった今、観たら「子供騙し的な感じ」に映るかな?と思ったけど
案外そうでもなかった
意外に心が熱くなるものがありました

現在、動画が削除されまくってて載せてませんが

運がよければ下記のFC2動画内で検索すれば見つかるかも↓


映画・ドラマ・アニメ観るならFC2動画♪



取り合えず名場面のコレ貼っておきますねw














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。